2014年06月20日

従軍慰安婦問題は背後で北朝鮮が操っている。まんまと載せられた強欲で嘘付きの韓国

以下は前の記事のコメント欄で見つけたものです。
在日左翼の吉田清治の捏造本をさも真実のように連載した植村隆記者の所属する朝日新聞は北の工作員がうようよ蠕動している工作機関です。

韓国挺身隊問題対策協議会とは親北朝鮮団体。常任代表の尹美香の夫と妹は北のスパイです。


韓国挺身隊問題対策協議会 - Wikipedia

韓国挺身隊問題対策協議会は日本軍の慰安婦問題を解決するために結成された韓国の団体。
略称は挺対協。常任代表は尹美香。産経新聞は、この団体は反日団体であり親北朝鮮団体
でもある、としている。

元日本軍慰安婦の調査、日韓両政府への意見表明、世界各国で日本軍 し
慰安婦は強制動員された「従軍慰安婦」であるとして日本政府に謝罪を要求する運動を行っている。

本部は、ソウル市内、西大門に近いところにある。

北朝鮮工作機関の傘下にある朝鮮日本軍性的奴隷及び強制連行被害者補償対策委員会と協力関係にあり、産経新聞はこの団体は日韓両政府の慰安婦問題解決に向けた歩み寄りをたびたび妨害してきた、としている。

尹美香 - Wikipedia

尹美香は、韓国の従軍慰安婦活動家。1993年に夫とその妹がスパイ事件で摘発され有罪となった。
1992年の韓国挺身隊問題対策協議会発足時に幹事として参加。現在は常任代表を務め、
ソウルの日本大使館前で水曜デモを開催している。韓国の治安当局は、尹代表の近親者が
北のスパイである事と、挺対協の活動との関連に注目し、動静を注視しているという。


※吉田清治の卒業した学校の卒業名簿には本人名は死亡と記載されているらしく、この詐話師は北からの密航してきた工作員が背乗りしている可能性大です。
posted by 蒼空 at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国世宗大学のパク・ユハ教授、慰安婦を売春婦と指摘、起訴されたが謝罪拒否

韓国にも気骨のある学者が稀にいますね。この人が酷い迫害が無ければいいんですが。

写真は政府に雇われた「自称従軍慰安婦」の慰安婦ビジネスで儲けている婆さん達です。

ある「自称従軍慰安婦」はパリまで行って
 「私は朝鮮戦争の時に日本軍に酷い目に会わされたーー!」 と叫んでいるが、ハァ〜ですよね。

 朝鮮戦争に日本は出兵してませんし、軍隊も無かったんですけど〜。韓国政府の間違いでしょう。  

 このお婆ちゃんは朴正煕元大統領が韓国政府直営の売春宿をやった時の慰安婦=洋公主だったんだね。

 韓国政府に酷い目に会わされたーーー!叫ばないといけないんだけど、間違えちゃったんだね〜。思わず本音ー朝鮮戦争が出て来ちゃったね〜。 

新華ニュース
http://www.xinhuaxia.jp/social/38236

韓国紙「東亜日報」の18日付の報道によると、韓国世宗大学日本語学部のパク・ユハ教授が出版した「帝国の慰安婦」で、慰安婦被害者たちを売春婦、日本軍仲間と指摘した。

韓国慰安婦援助団体は彼を相手に訴訟を起こしたが、彼は謝罪を拒否している。


パク教授は自身のツイッターで「間違いがないから、謝罪しない」と発信し、「訴訟内容のほとんどは事実を歪曲し、私を中傷したものである。
今回の訴訟は数人が企画したもので、慰安婦の意思を代表するわけではない」と強調した。


一方、シェアハウスで暮らす慰安婦被害者9人は当日、名誉毀損として、パク教授を相手に訴訟を起こし、「帝国の慰安婦」の出版や販売、宣伝の禁止を求めている。


posted by 蒼空 at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのやる事はあくどい。iPhoneは電源を切っても盗聴される スノーデン氏が暴露

アメリカの元NSA職員で香港からロシアに亡命したエドワード・スノーデン氏が暴露した話によると、LINEのみならず(韓国に全情報が筒抜け)iPhoneは電源を切ったと見せかけて全ての情報を盗聴できる仕組みが仕掛けてあるそうです。
ご注意を!

iPhoneは電源を切っても盗聴される スノーデン氏が暴露

http://www.xinhuaxia.jp/social/37558/2

英国メディアの10日付の報道によると、エドワード・スノーデン元NSA(米国国家安全保障局)職員は 「iPhoneの電源を切っても、NSAの職員がマイクを通じて盗聴することができる」と示した。 スノーデン氏が暴露した情報は専門家に実証された。


スノーデン氏によると、米国家安全保障局と英国政府通信本部(GCHQ)が共同で新技術を開発してきた。この技術で利用者が何も知らない情況の下、電源を切っても、マイクを通じて関係情報を盗聴することができるという。


米国ロサンゼルスのハードウェアエンジニアのマイク・ターナー氏が「ある技術を利用すれば、iPhoneをあたかも電源が切れているかのように見せかけ、実際は省電力モードの状態にすることで、ユーザーが知らず知らずのうちに盗聴・監視されているという状態を作り出すことができる。

そのような状態の時にiPhoneのディスプレイ表示は当然オフ表示になっており、ボタンも反応しないため、ユーザーにとってはなかなかその盗聴・監視モードに入っていることに気付かない」と語った。

セキュリティの専門家で顧問のグレアム氏によると、NSAはこの技術をアプリをインストールする形でiPhoneに埋め込むことができる。このような技術はインターネットまたは携帯電話を通じて活用されることができるという。

posted by 蒼空 at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。