2017年01月30日

安倍総理は愛国者です 統一教会とは義理で付き合ってるだけ

久々の投稿です。元統一教会員の皆様の中には安倍総理が「祝福式への祝電を送った」件で安倍総理は親統一教会であり悪党だと仰られる方々がおられますが、これは大きな誤解と思います。

私は統一教会(以下UC)に40年もおりましたが、安倍総理については義理で仕方なく付き合っているんだろうな、という感想でした。安倍総理は創価学会とも立正佼成会等の他の宗教団体とも何らかのお付き合いは有るわけで、票の為には付き合わないといけないんですよ。


選挙制度があるんですから、票を失ったら国政を担えません。当然、有権者のご機嫌を窺わないといけない悲しい身の上ですよ。それにUCは使い勝手の良い、悪く言えば利用価値のある団体ですよ。

安倍総理が議員になる前から自民党に食い込んでいます。秘書を沢山送り込み自民党議員を裏で捜査して来ましたね。山崎拓なんか愛人まで貰っちゃって完全に下を握られてましたね。

お祖父さんの岸さんはUCの見せ掛けの愛国心、情熱にほだされて協力してましたが決して売国奴ではありませよ。

何度も書いていますが、安倍総理はどんなに言われても「原理」は聞きませんでしたね。
沢山の自民党議員やその他の議員たちが「原理公聴会」に参加し、韓国の「聖地巡礼」とやらにも行っていますが、安倍総理は参加していないはずです。

私が安倍総理を評価する最大のポイントは「女系天皇」を潰してくれた事です。
安倍総理が売国奴であれば、当時女系天皇を密かに進めていた在日朝鮮人の小泉純一郎の意志を引き次いで法制化していたでしょう。

しかし、これを完全に潰してくれましたね。
日本を潰すのは簡単ですよ。女系天皇を容認してそこに韓国人なり中国人なりの夫を持ってくれば良いんですから。Y遺伝子が辿れなくなり皇統は途絶えます。

天皇の絶対権力を行使して政権をコントロールして中韓の奴隷国家にするのは簡単でしょう。

如何に安倍総理の功績が載っています。

続きます。
posted by 蒼空 at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: