2014年06月20日

韓国世宗大学のパク・ユハ教授、慰安婦を売春婦と指摘、起訴されたが謝罪拒否

韓国にも気骨のある学者が稀にいますね。この人が酷い迫害が無ければいいんですが。

写真は政府に雇われた「自称従軍慰安婦」の慰安婦ビジネスで儲けている婆さん達です。

ある「自称従軍慰安婦」はパリまで行って
 「私は朝鮮戦争の時に日本軍に酷い目に会わされたーー!」 と叫んでいるが、ハァ〜ですよね。

 朝鮮戦争に日本は出兵してませんし、軍隊も無かったんですけど〜。韓国政府の間違いでしょう。  

 このお婆ちゃんは朴正煕元大統領が韓国政府直営の売春宿をやった時の慰安婦=洋公主だったんだね。

 韓国政府に酷い目に会わされたーーー!叫ばないといけないんだけど、間違えちゃったんだね〜。思わず本音ー朝鮮戦争が出て来ちゃったね〜。 

新華ニュース
http://www.xinhuaxia.jp/social/38236

韓国紙「東亜日報」の18日付の報道によると、韓国世宗大学日本語学部のパク・ユハ教授が出版した「帝国の慰安婦」で、慰安婦被害者たちを売春婦、日本軍仲間と指摘した。

韓国慰安婦援助団体は彼を相手に訴訟を起こしたが、彼は謝罪を拒否している。


パク教授は自身のツイッターで「間違いがないから、謝罪しない」と発信し、「訴訟内容のほとんどは事実を歪曲し、私を中傷したものである。
今回の訴訟は数人が企画したもので、慰安婦の意思を代表するわけではない」と強調した。


一方、シェアハウスで暮らす慰安婦被害者9人は当日、名誉毀損として、パク教授を相手に訴訟を起こし、「帝国の慰安婦」の出版や販売、宣伝の禁止を求めている。


posted by 蒼空 at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: