2014年05月25日

瀬戸内海の島で中国人、韓国人が公共物や海産物、農産物を盗みまくっている

ある知人から聞いたのですが、瀬戸内海のある島では中国人や韓国人が増えていて、色んな物を片っ端から盗んで行くそうです。



漁協が撒いたあさりの稚貝を、播くはしから、目の前で片っ端から盗っていき、バケツ一杯にして持って帰るそうです。どんな小さな稚貝も根こそぎ盗って行くのであさりが増えないと嘆いていました。



あの盗人どもは、傍に漁協の人がいようが、お構いなし、日本人が何も言えない事を良い事に、やりたい放題で、本当に日本人は舐められ切っていますよ。



島嶼部は若い者が出て行ってお年寄りが多いので、背乗りとか、一人暮らしのやもめなんかが狙われて財産取られるなんて事が起きてるんじゃないかと心配です。



このままでは小さな島は乗っ取られてしまいます。



何か条例は無いのかと聞きましたら何も無いので手立てが無いと嘆いていました。



農産物も夜中に来て、ごっそり盗んでいくんだそうで、本当に達が悪いです。


収穫期を狙って来るんで、畑に見張りを付けたらしいですが、中国人、韓国人は皆んな嘘吐きの泥棒、強盗、強姦魔だと思っておいた方が良いです。



いざ、中国との戦争とか起きたりしたら、奴らは人民解放軍で武器を持って襲ってきますからね。


人の少ない島のどこかに武器を隠して、軍事基地化してるかもしれません。


要注意です。



1. 中国人・韓国人が泥棒するのはここだけではありません。


四国の八十八か所の一つの寺では、住職が韓国女に籠絡されて、その後不信死、寺はその女が継ぎ、寺も地域も韓国色で染められ、地域の祭りも韓国の踊りなどが披露され、韓国に乗っ取られ状態だそうです。

こういった事は全国で起こっています。


不信死って絶対に○されたんでしょう。


外から攻め込まなくても、このままでは日本は中から蚕食され乗っ取られてしまいます。

なんとかしないと。


外国人参政権なんてもってのほか。

在日が民主党を応援して参政権をむしり取ろうとしたのはこういう魂胆があるからですよ。



蒼空(そら) 2014-05-14 16:12:30
posted by 蒼空 at 13:36| Comment(0) | 統一教会批判ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: